| ホーム  | 由来  | イベント ビーツ栽培 販売  料理研究会 | レシピ | ボランティア募集 | 協会について | お問合せ  |
姫路ビーツに関するイベント
 

日露戦争の捕虜が栽培、「ビーツ」で町おこし 読売新聞デジタル版

 
ビーツを使った料理を教える扇さん(中央、姫路市総社本町で) 
 

 日露戦争(1904~05年)の際、兵庫県姫路市内に収容されたロシア人捕虜が栽培していたとされる野菜「ビーツ」を新たな姫路名物にしようとの取り組みを、姫路タウンマネージメント協会が始めた。

 第1弾として、15日、姫路市市民会館(総社本町)でビーツを使ったロシア料理教室を開催。同協会の田中達郎理事長(88)は「姫路とビーツの意外な関わりに関心をもってもらえれば」としている。

 ビーツはサトウダイコンの仲間。赤カブによく似た赤紫色の根菜で、ボルシチなど、東欧やロシア料理によく使われる。最近は日本でも、健康にも良いと注目されている。

 ロシア、ビーツと姫路の関わりは、同市豊富町出身で料理学校を経営していた三木治子さん(1920~87年)が祖母から聞いた話として、著書「捕虜たちの赤かぶら」(1985年出版)にまとめている。

 同書によると、日露戦争中にロシア人捕虜が、同市内の亀山本徳寺(亀山)や播磨国総社(総社本町)などにあった収容施設で暮らし、市川の河原では畑を作ってビーツも栽培するようになった。地元の人たちは「ロシヤのかぶら」と呼び、捕虜たちが戦後、祖国に戻った後も、ビーツはしばらく花を咲かせていたという。

 同協会は、この逸話に着目。近年の健康ブームもあり、約110年前にロシア人から姫路にもたらされたビーツを「地域野菜」として、町おこしに活用しようと考えた。

 この日の教室は、神戸市在住のロシア料理研究家、扇エリザヴェータさんが講師を務めた。扇さんは「日本ではあまり見かけず、非常に高価ですが、ロシアではごく一般的で、家庭料理によく使う食材です」と話し、ビーツをふんだんに使ったボルシチ、カツレツ、サラダ、パテの作り方を説明した。

 参加した県内外の主婦ら約30人は、姫路とロシアやビーツの関わりについて、「そんなに古くから、ゆかりがあったなんて知らなかった」と驚いていた。姫路市東夢前台の主婦(73)は「カツレツは風味が良く、パテはパンととても合う。これなら、自宅でも簡単に作れそう」と話していた。

 同協会は今後、料理教室のほか、ビーツを使った新レシピの開発、耕作放棄地を活用した栽培も検討しているという。
(新田修)

2017年01月16日 14時51分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
 
 読売新聞記事2017年1月16日朝刊
 
 




姫路の特産に 日露戦争の捕虜が育てた野菜 田中さんら栽培復活も 
15日、ロシア料理教室 /兵庫

 
   

約110年前の日露戦争中、姫路市内の捕虜収容所にいたロシア兵が栽培していたとされる野菜「ビーツ」を市の特産品にしようと、市民らが構想を練っている。見かけは赤カブに似ているが栄養が豊富で、ロシア料理のボルシチなどに使われる。「まずはどんな野菜か知ってもらおう」と15日、市内で在日ロシア人女性からビーツ料理を学ぶ教室を開く。耕作を市内で「復活」させる計画もあるという。

 姫路市には日露戦争中の1904年、ロシア人捕虜収容所が作られ、翌05年までは播磨国総社や姫路船場別院本徳寺(船場御坊)など神社仏閣でも多くの捕虜が生活した。当時のことを祖母から聞いたという著書「捕虜たちの赤かぶら」(三木治子さん著)には、住民とロシア兵捕虜との交流が描かれており、捕虜が「赤かぶら」栽培のために、運動場にしていた市川の河原を耕していた描写もある。

著者と親交があった元姫路市助役の田中達郎さん(88)らは「赤かぶらとはビーツのことに違いない。姫路にしかないストーリーを持つ野菜として、名物にできないか」と考えたという。普及への第1弾となる料理教室では、ロシア人講師がビーツを使った伝統料理「ボルシチ」「ビーツカツレツ」などを教える。

 今後は、市内で栽培し、姫路独自の料理も開発する計画で、栽培希望者などを募っている。田中さんは「ビーツは脳出血の予防など、体にもよいと聞いている。日露戦争時代の逸話を町の活性化に生かしたい」と話している。

 料理教室は同市総社本町の姫路市民会館5階で、参加費2500円。参加申し込みはNPO法人姫路タウンマネージメント協会(079・281・7466)。【幸長由子】

〔播磨・姫路版〕

 日露戦争中、ロシア兵が市内で栽培していたとされるビーツを姫路市の名産品にしたいと構想を練る田中達郎さん=兵庫県姫路市で  
 
 



 
 
 
 
 



 
 
 
 
 
 

企画・運営:特定非営利活動法人姫路タウンマネージメント協会
〒670-0012兵庫県姫路市本町68番地 tel:079-281-7466